八王子市の歯科|散田東條歯科医院 補綴治療の専門医がいる歯医者さん

顎補綴
顎補綴とは腫瘍(癌など)や外傷、先天的疾患(口蓋裂)などによって生じた顎骨などの欠損に対し、人工物で補填し、噛む事だけでなく発音や飲み込むこと(嚥下)などの機能を改善する為の特殊な入れ歯(顎義歯)を作製する分野です。当院院長はこれらの専門学会である日本顎顔面補綴学会から「認定医」として認められており、より専門的な立場から治療にあたっております。

主な症例

多くの患者様が食べにくい・飲み込みにくい・しゃべりにくい・見た目が気になるといった色々な障害を抱えておられます。手術の方法や放射線治療の有無によってその障害の程度・種類は大きく影響をうけ、患者様により様々です。当院では患者様にあった補綴装置をご提供できるよう努力しております。口の中の腫瘍の手術をして、その後の障害により困っておられるような方は、是非ご相談ください。



顎義歯(上顎)
上顎の欠損に伴う機能障害としては口腔と上顎洞や鼻腔とがつながってしまい、物が飲み込めない、言葉が聞き取ってもらえないなどの症状を訴えます。顎義歯を装着することにより穿孔部が閉鎖され、これらの症状が改善されます。
顎義歯(下顎)
下顎の欠損に伴う障害としては左右いずれかに顎が引っ張られてしまい、上下の歯が全く噛まなくなってしまうことから物が噛めない、飲み込めないと行った症状を訴えます。欠損してしまった下顎には顎義歯を装着し、さらに上顎にも著しく変位してしまった下顎に合わせた人工の歯を並べた義歯を装着して噛み合わせを作り、物が噛めるようにして行きます。
ネット予約はこちら
診療科目
一般歯科
補綴歯科(入れ歯・差し歯)
顎補綴
審美歯科
歯周病治療
小児歯科