八王子市の歯科|散田東條歯科医院 補綴治療の専門医がいる歯医者さん

院長紹介

院長 東條敏明

入れ歯や差し歯などの歯科治療の最終段階を担い、“きちんと噛める”という最も基本的で重要な機能に深く関わる領域が補綴です。私は補綴専門医として14年間鶴見大学歯学部附属病院に勤務し、診療、研究を行なってまいりました。そこで培った知識と技術を基に、患者様のニーズに出来る限りお応えし、地域に密着したホームドクターを目指しております。

私のモットーは患者様とのコミュニケーションを大切にすることです。患者様一人一人とじっくり対話し、ライフスタイルやご要望にあわせた最善の治療法をご説明しています。そして患者様自身がしっかり理解し、納得された上で治療を進めております。
口腔内に関するお悩みがありましたらどんなに小さなことでもお気軽にご相談下さい。お子様からご年配の方々まで皆様がいつまでも健康で幸せな生活を送れるよう、歯科医療の視点から全力でサポートいたします。

院長略歴

 1990年 鶴見大学歯学部卒業
 1995年 鶴見大学大学院歯学研究科(入れ歯専攻)修了 博士(歯学)
 1996年 鶴見大学歯学部歯科補綴学第一講座助手
 2004年 鶴見大学歯学部歯科補綴学第一講座非常勤講師
 2004年 散田東條歯科医院 開院

所属

 日本補綴歯科学会(専門医・指導医)

 日本顎顔面補綴学会(認定医)

 日本老年歯科医学会(認定医)

 日本レーザー歯学会

 日本義歯ケア学会

 日本歯科医師会

 東京都歯科医師会

 東京都八南歯科医師会

学会発表

第113回 日本補綴歯科学会学術大会:「部分床義歯装着患者の機能回復がQOLに及ぼす影響」

今回の学術大会はメインテーマに「咬合・咀嚼が創る健康長寿」を掲げており、小児や高齢者の咬合と健康にかかわるシンポジウムなどが行われました。私もポスター発表といった形で参加させていただきました。(優秀ポスター賞 受賞)

第113回 日本補綴歯科学会学術大会:「部分床義歯装着患者の機能回復がQOLに及ぼす影響」
ネット予約はこちら
診療科目
一般歯科
補綴歯科(入れ歯・差し歯)
顎補綴
審美歯科
歯周病治療
小児歯科